金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > その他の活動報告 > 牟礼・エルバートン親善委員会が本山を見学

その他活動報告

7月19日(金)、高松市牟礼町から牟礼・エルバートン親善員会(※)の皆様が本山を訪れました。
アメリカのジョージア州エルバートン市から交換派遣で来られた高校生6名とメンバー合わせて11名が参加しました。当該団体の交流事業はこれまでに30回以上行われていますが、本山を訪れたのは今回が初めてとなります。
施設および職員の演武を見学後、座禅と少林寺拳法の技法体験を行いました。案内をする本山職員と同じように、合掌礼や脚下照顧も行い、金剛禅の教えと技法、日本の文化に触れる機会となったようです。

※牟礼・エルバートン親善委員会
アメリカ合衆国ジョージア州エルバートン市と庵治石の産地として知られる旧牟礼町は共に花崗岩の産地であったことから1983年に姉妹都市となり、高松市と合併後も高校生の交換留学を行うなど民間交流を継続して行っている。
http://menet.iku4.com/

本山では、拳士以外の方も金剛禅に触れることができるよう、一般の方の見学も受け入れております。見学のお問い合わせは下記までご連絡ください。
◆見学に関するお問い合わせ
TEL 0877-33-1010
MAIL s-soumu@shorinjikempo.or.jp
日程や時間帯によってはご希望に添えない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 

金剛禅総本山少林寺