金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > その他の活動報告 > 第52回 洛東祭2018 少林寺拳法公開演武

その他活動報告

 2018年7月1日、京都市武道センター 旧武徳殿において、第52回洛東祭2018少林寺拳法公開演武を開催しました。
 本大会は、拳士の日頃の修行の成果を発表する場として、また金剛禅の布教の場として、道院開設以来続けてまいりました。
 
プログラムは、少林寺拳法の本質を観客に伝えることができるよう、各年代ごとに団体演武(中学生・高校生・大学生・社会人)や、剛法・柔法の技法の披露を行いました。午前中に行われた演武審査の優秀組による演武や、招待演武として洛東スポーツ少年団の年少拳士による団体演武を披露いたしました。また大学生を中心に、「本当の強さとは何か」をテーマに寸劇をおこない、共に修行を通じて強く成長してみないかと呼びかけました。
 
大会を通じて、心身一如の修行のあり方、そして少林寺拳法の素晴らしい魅力を紹介できたことと思います。
 
満席の観客席からは、全力を出した拳士に大きな拍手が送られ、盛会の内に終了いたいしました。

洛東道院