金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > その他の活動報告 > 2018年静岡県教区 第2回金剛禅易筋行大会

その他活動報告

8月26日(日)清水清見潟公園スポーツセンター体育館で、昨年に続き第2回目の金剛禅易筋行大会を開催した。

昨年は、午前中に財団の県大会、午後に易筋行大会を開催したが、今年は、易筋行大会を単独で開催した。

2回目の大会となり、昨年以上に多様な発表がみられ、金剛禅の奥深さと今後の可能性を大きく見出すことができた。
また、講演を二つ組み込み、午前中に須田剛教学研究委員長をお招きし、「金剛禅」について、少年部から年配の拳士、
さらに保護者の皆様にもわかりやすく講義をしていただいた。
また、午後には三浦伸也絵本プロジェクト顧問をお招きし、ユーモアあふれるお話と絵本の読み聞かせをしていただき、
今後の資とした。

アトラクションとして「阿羅パンへの道」(少林寺拳法の動きを取り入れたパン食い競争)と金剛禅ウルトラクイズを行い、
拳士全員が大いに楽しめる大会となった。

   

静岡県教区