金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > その他の活動報告 > 2020年度静岡県教区 第4回金剛禅易筋行大会

その他活動報告

11月15日(日)静岡県武道館にて「2020年度静岡県教区 第4回金剛禅易筋行大会」が開催されました。
コロナ禍にあり開催に当たり慎重な意見も頂きましたが、「Withコロナ」としてできる事はやってみよう、という県下の道院長からの熱い想いに背中を押して頂き開催にこぎつける事ができました。
事務局として少林寺拳法グループ並びに会場である静岡県武道館のガイドラインを充分に遵守する事はもちろん、県武道館との綿密な打ち合わせにより会場での過ごし方の注意事項が明確になり、参加される所属長も協力していただく事により感染防止対策を徹底する事ができました。
開催決定から当日まで約2ヶ月という短い期間であったため、実行委員会を立ち上げて行うには時間がなく、教区長と事務局が中心となって準備を進めて参りましたが、当日は参加された全道院長が役割以上に活躍してくださり厳粛な中にもほのぼのとした雰囲気の中で行う事ができました。
第4回を迎え少林寺拳法の在るべき「老若男女分け隔てなく」「同志相親しみ、合援け、相譲り、協力一致して理想境建設に邁進す」という大切な事を今回の易筋行大会を通して体感できた事が何よりの成功の素であったと確信します。

静岡県教区