金剛禅総本山少林寺

ホーム > 絵本で広げよう金剛禅プロジェクト > 絵本で広げよう金剛禅プロジェクト > 「絵本の読み聞かせライブ」を開催しました

絵本で広げよう金剛禅プロジェクト

2019年4月7日(日)、美作市バレンタインパーク作東において、「2019年度岡山県少林寺拳法まつり&バレンタインパーク作東さくらまつり」が開催されました。
イベントの一つとして、会場をB&G海洋センター体育館に移し、岡山県絵本の読み聞かせ委員有志(女性拳士4名と前プロジェクト委員)が音頭をとり、午前と午後の2回に分け「絵本の読み聞かせライブ」を開催しました。
小さなお子様から小学生の拳士たち、保護者の方々、総勢約90名集まってくれました。
また、小学生の高学年や中学生たちも読み手に参加し、会を盛り上げてくれました。
今回、少林寺拳法まつりでの「「絵本の読み聞かせライブ」は初の取り組みでしたが、副題の「絵本でひろげる、笑顔の『わ』」は予定を上回る成果を上げることができました。
ライブで読まれた絵本は、『るるる』『にゃんことわんことあかずきんちゃんとびっくりたまごとオオカミ、そんでもっておばあちゃんのタンス』『なりきりパンダたいそう』『だるまさんが……』のシリーズ他でした。
絵本といえども、少林寺拳法が取り組むことによって、新たなコミュニケーション能力を得ることができ、拳士と指導者また保護者との繋がりが強く築くことができるのではと思います。与えられたことに一生懸命取り組むことの大切さを感じられた一日でした。