金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 本山行事 > 僧階補任講習(大導師・中導師)

本山行事

7月2日、本山において僧階補任講習(大導師・中導師)が開催され、大導師11名、中導師11名が受講されました。
開講時刻は6時50分、早朝から本山に参集する受講者の凛とした表情を、昇りたての朝日が照らしていました。
本講習会は、僧階昇任への総仕上げとなる講習会であり、金剛禅布教に欠かすことのできない基礎的な項目や所作を学ぶと共に、具体的な布教手段についての実習も展開されました。
今回補任を受けられた22名が活躍する地域において、より一層金剛禅の教えが浸透していくことを願います。
以下、受講者からの感想です。(抜粋)
「これからは、「大導師」の名に恥じないように、より一層金剛禅の布教に邁進したいと思います。」
「これからは、更に責任の重大さを感じながら学習を深め、次世代への拳士・指導者を育てて行こうと思います。」
「この講習で金剛禅の目指す方向が見えてきたように感じます。」