金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 本山儀式 > 2016年新春法会

本山儀式

2016年01月10日

 

【新春法会とは】
 金剛禅総本山少林寺にとって「新春法会」は10月の「達磨祭」と並ぶ大きな儀式(行事)です。
 門信徒が集まり、私たちの修行の目的を再確認し、決意を新たにするとても重要な儀式です。
 儀式の後は稽古始めでみんなで一緒に汗を流します。
 その他にも、もちつきや、ぜんざいがふるまわれたり楽しく美味しい時間もあります。
 来年は是非お越しください。
 

【2016年新春法会】
 今年も例年のように開催されましたが、多度津高等学校書道部のみなさんにより書道パフォーマンスを行なって頂いたり、子供たちに絵本の読み聞かせや羽子板の絵付け、コマの絵付け、タコの絵付け等も行い楽しんでいただきました。

黙祷_01 新春法会に先立ち、2015年に残念ながらご逝去された指導者の方の名前を読み上げ、全員で黙祷を行いました。

金剛禅総本山少林寺大澤 隆代表によるお名前を読み上げ

 

 黙祷_02 参列者全員で黙祷
 新春法会_01_教典唱和

新春法会
献香から教典唱和

 新春法会_02_奉納演武 奉納演武
 新春法会_03_代表挨拶 代表挨拶
「皆で力を合わせ、金剛禅の輪を広げていきましょう」と挨拶がありました。
 新春法会_04_門信徒代表挨拶

門信徒代表挨拶
門信徒を代表して柳川瀬 一美総代(東海地区)が
「私達金剛禅教団は現在社会において、心の平穏を求める人々の寄るべとして、また、人生を主体的に歩む方針として、開祖が説かれた教えの必要性を再認識し、金剛禅が現代の社会で果たす役割を理解し、開祖の目指された幸福運動(=金剛禅運動)を着実に布教展開していかなければなりません。このためにも、金剛禅布教と人づくりの拠点である道院活動の充実と活性化は欠かせないものです。」
と決意を述べました。

【儀式以外の様子】

大食堂にてぜんざいのふるまい

大食堂にてぜんざいのふるまい

道院のみんなでぜんざいに舌鼓

道院のみんなでぜんざいに舌鼓

コマ回し(お父さん必死のレクチャー)

コマ回し(お父さん必死のレクチャー)

絵本の読み聞かせ(子供たち大ウケ)

絵本の読み聞かせ(子供たち大喜び)

羽子板の絵付け

羽子板の絵付け

羽子板で遊ぶ

羽子板で遊ぶ

餅つき(ついた餅はふるまわれます)

餅つき

子供たちもがんばりました

子供たちもがんばりました

みんなで餅をたべる

ついたお持ちはみなさんにふるまわれました

多度津高等学校書道部の皆さんによるパフォーマンス

多度津高等学校書道部の皆さんによるパフォーマンス

細かいところも表現します

細かいところも表現します

完成した大きな書き初め

完成した大きな書き初め