金剛禅総本山少林寺

ホーム > 新着情報 > お知らせ

お知らせ

放映日:2018年11月8日(木)午後5時頃から放送
番 組:毎日放送〝ちちんぷいぷい″
放映エリア:滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県(標記エリア内であっても、一部放映がない地域があります。)
コーナー名:昔の人は偉かった
リポーターの2人が、朝から晩まで1日歩きながら、寺社仏閣・歴史的建造物、伝統工芸などを訪ねます。
現地で見聞きし、編み出した知恵や当時の方々の思い出を知ることで〝昔の人は偉かった″と実感するコーナーです。
今回は同コーナーの「日本修行場めぐり」という企画の一つとして、リポーターたちが金剛禅総本山少林寺で修行します。

2018年10月25日

10月25日は少林寺拳法創始の日です。
この記念の日に、金剛禅総本山少林寺の職員一同で、金剛禅総本山少林寺発祥の地である記念館と金剛殿の内外の作務を行いました。
作務の後は金剛殿の祭壇前に集合し、教典を唱和し、大澤隆代表による法話が行われました。
今から71年前に開祖が始めた金剛禅運動を、職員一同が改めて感じた日でした。

2018年10月08日

達磨祭法要

お知らせ

本山の達磨祭が、10月8日(月・祝)、本堂において大澤隆代表導師のもと、厳粛に執り行われました。
この達磨祭には、来賓の方々、道院長、門信徒、関係者ら約300名が参列。
参列者は、導師法話をはじめ、この法要全体を通して、達磨大師の不撓不屈の精神を再確認しました。
法要の後、門信徒による大演武奉納が行われ、その締めくくりには、四国四県、岡山県教区からの代表者5組の演武が奉納されました。

 10月8日(月・祝)金剛禅総本山少林寺におきまして、「2018年度 だるま祭」を開催いたします。
 法要を執り行い、祖師だるま大師の遺徳を偲ぶと共に、楽しい催しを多数用意して本山を開放いたします。
 多くの皆様のご来場をお待ちしております。