金剛禅総本山少林寺

ホーム > 新着情報 > イベント > 金剛殿の紹介

新着情報

2020年05月22日

1953年から本部道場として親しまれてきた旧道場は、開祖生誕100年記念事業の一環で整備され、2016年に工事が完了し、金剛殿として生まれ変わりました。
2階には旧道場の梁材を用い、当時の面影を残しています。1階は100畳の道場、2階は李智氏の達磨絵が並ぶギャラリーとなっています。地域に根差す本部道院の布教活動の拠点として、また、各種研修の場として活用されています。