金剛禅総本山少林寺

ホーム > 新着情報 > イベント > 少林寺拳法じゃんけん

新着情報

2020年06月11日

相手の攻撃に対して、防御・反撃を行う少林寺拳法の技法の特徴は「守主攻従」であり、「後出しじゃんけん」とも表現されます。今回は、構えを使ったじゃんけんの紹介です。
開足中段構え(白蓮中段構え)をグー、待気構えをチョキ、八相構えをパーとしています。
攻者(右)は「じゃんけんーぽん」のタイミングで構え、守者(左)は次の「ぽん」のタイミングで攻者に勝てるよう構えます。
八方目で相手の動きを捉え、、素早く判断し、体を反応させられるよう、心気力の一致を図りましょう。チョキを一字構えに変更したり、布陣を開構えに限定したり、「負けじゃんけん」にルールを変更するなどアレンジを加えることで楽しむ幅が増えます。