金剛禅総本山少林寺

ホーム > 新着情報 > イベント

イベント

だるま祭LIVE中継は下記URLより御覧ください

URL:https://youtu.be/g8TSd834Xao
※10月4日9:50頃より配信を開始します。それまでは境内の画像が表示されます。
※接続テストの中で誤ってグループチャンネルにテストライブが配信されてしまいました。謹んでお詫び申し上げます。

次第
1.達磨祭法要             10:00~10:45
2.宗昂馬少林寺拳法グループ代表講演  11:00~11:40
  「激変する世界を通して今必要な少林寺拳法グループの進むべき道を考える」
3.多度津京極少林寺拳法太鼓      11:40~11:50

パート11 「片足バランス その3」
お家でできるリラックス体操です。お仕事柄、座っている時間の長い方は、ぜひお試しください。
腰の高さに膝を上げることが理想ですが、慣れるまでは低くても構いません。
パランスを取るためには、軸足の真上に頭が乗せることがポイントです。

 

 

2020年09月17日

修練は二人一組の相対で行うことが原則です。
たとえ一人で行う場合でも、自分と同じぐらいの背格好の相手がいることをイメージして行います。
動画では前受け身を行っています。
起き上がった後も気を抜かず、連反攻を行い残心します。

 

2020年09月15日

今日の言葉は「寿命と使命」。
自分の命は自分で作ったものではなく、天から与えられたもの。
だから、自然に天に帰る日が来るまで一所懸命に生きなければなりません。
そのためには、自分の命の使い方を考え、自分の使命を覚り、使命を果たすことです。(合掌)

パート10 「片足バランス その2」
お家でできるリラックス体操です。
お仕事柄、座っている時間の長い方は、ぜひお試しください。
重心をゆっくりと前後に移動させ、片足バランスをとります。足の上げ下げを行う際に、上半身が傾かず、まっすぐな姿勢を取ることがポイントです。

インナーマッスルである腸腰筋を使って蹴るため修練法です。
膝裏に何か物を挟むことで、蹴り足の膝が挙がるときに大腿部の筋肉が働くのを抑えます。
動画では拳サポーターを挟んでいますが、お手玉やタオル等でも代用できます。

2020年09月09日

金剛禅では、日々の修練に「絵本の読み聞かせ」を取り入れています。
2015年に始まった「絵本で広げよう金剛禅プロジェクト」では絵本の読み聞かせを通じて
子どもたちの感性を育むとともに、子どもたちを鏡に指導者自身も心を磨きます。
動画作成時よりも参加道院数は増え、現在150以上の道院がこのプロジェクトに取り組んでいます。

2020年09月08日

 

 

今日の言葉は「言葉」。
「言葉」はその人の人間性、人柄を表します。
言葉づかいを整えることは、自分を整え、自分の未来を明るくします。
また、言葉は人を元気づける力にもなれば、人のやる気を喪失させてしまう力にもなります。
ぜひ、他人を元気づける言葉を発していきましょう。(合掌)

 

 

2020年09月02日

今日の言葉は「残心」。
残心とは、技が終わったあとも気をゆるめず、相手の次の反撃に対して備える心構えのこと。
これは、武道の訓えではありますが、日常生活にも生かしてほしい言葉です。
とりわけ、何か成功したあとにこそ、気がゆるみ、油断してしまうもの。
心を残し、次に動ける体勢(態勢)を整えましょう。(合掌)