金剛禅総本山少林寺

ホーム > TOPページイラスト

TOPページイラスト

少導師補任は亡き師への恩返し

少導師補任は亡き師への恩返し

 この程、補任条件を満たす門信徒に僧籍編入をすすめ、10名の少導師が当道院に生まれました。普段儀式や易筋行等の意図を明確に理解していなかった門信徒に対して、金剛禅運動を理解し共鳴してもらいたいと願っております。さらに僧階補任者が増えることで道院の質が向上し、私自身も自己の研鑽と指導内容を見つめなおし、金剛禅運動に対する姿勢を革新させていく機会につながると考えました。
 補任された門信徒にとって輪袈裟の重みはあるようです。表情や所作に少しですが成長を感じます。また、僧階補任者にはまず絵本の読み聞かせをしてもらっております。当初、抵抗感があったのですが、その価値を伝えたところ継続してくれています。集合を掛けなくても少年部の拳士たちが絵本を持った拳士の周りに自然に輪になって集まり易筋行よりも集中して聞いている姿に手応えを感じているようです。
 また、私が高校少林寺拳法部の監督を兼任している関係もありますが、高校生が道院の修練にも参加してくれています。修練や新春法会、合宿、納会等の儀式行事を通じて拳士の交流が生まれていることを嬉しく思います。道院の拳士が高校生になると少林寺拳法部に入部し、道院へも兼籍し、卒業後は道院に戻るといった、道院→部活兼道院→道院という流れが生まれることで、卒業後も少林寺拳法を継続してくれるよう期待しています。その中から次世代の指導者が育ってくれることも願っています。
 私は小学校3年生の時入門し、師から強い影響を受け、少林寺拳法部のある高校を選び、卒業後は日本少林寺武道専門学校に進学、その後カナダの支部でお世話になり、2011年より道院長になりました。(小学生の頃には「道院長になる」と言っていたようです)
 私自身が少林寺拳法を通じて経験させていただいたこと、金剛禅の教えから学び感じたことを微力ながら後輩たちへ伝え、少しでも良い影響を与えることのできる人間になれたらと考えています。僧籍編入をすすめるのもその一環です。
 これからも亡き師の意思を承継するという責任と、報恩の思いを懐きながら道院長を続けてまいります。
札幌篠路道院 道院長 矢部博文

インスタグラム登録方法

インスタグラム登録方法

A スマートフォンから希望で、Facebookのアカウントを持っている方
①iPhoneの方は「App Store」→ 、Androidの方は「Google Playストア」→ をタップして、上もしくは下にある検索窓から「インスタグラム」と検索
②iPhoneの方は「入手」、Androidの方は「インストール」をタップ
③タップしたところが「開く」になったら「開く」をタップ(もしくはホーム画面にできたインスタグラムのアイコン→ をタップ)
④「Facebookでログイン」をタップ
⑤下の虫眼鏡のアイコン→🔍をタップ
⑥上の「検索」というところに「金剛禅総本山少林寺」または「kongozen_official」と入力して検索し、三防受をしているアイコンをタップ
⑦「フォローする」をタップ

 

B スマートフォンから希望で、Facebookのアカウントを持っていない人
①iPhoneの方は「App Store」→ 、Androidの方は「Google Playストア」→ をタップして、上もしくは下にある検索窓から「インスタグラム」と検索
②iPhoneの方は「入手」、Androidの方は「インストール」をタップ
③ タップしたところが「開く」になったら「開く」をタップ(もしくはホーム画面にできたインスタグラムのアイコン→ をタップ)
④「メールアドレスか電話番号で登録」をタップ
⑤電話番号かメールアドレスを入力し、「次へ」をタップ
⑥名前とパスワードを入力し次へ(連絡先の同期はどちらでもよいが、セキュリティを気にする人はしないほうがおすすめ)
※パスワードは必ずメモを取っておいてください。
⑦誕生日を入力し「次へ」をタップ
⑧「次へ」をタップ(ユーザーネームを変更可能だが、後でもできる)
⑨インスタグラムのホーム画面になるので(ならずにプロフィール画像などの登録をする画面が出てくるかもしれないが、「スキップ」や「あとで」や「キャンセル」をタップすればよい。なければ画面の指示に従うが後で変更可能なのでとりあえずでOK)、下の虫眼鏡のアイコン→🔍をタップ
⑩上の「検索」というところに「金剛禅総本山少林寺」または「kongozen_official」と入力して検索し、三防受をしているアイコンをタップ
⑪「フォローする」をタップ

 

C パソコンから希望で、Facebookのアカウントを持っている人
①インターネットを開き、「インスタグラム」と検索
②一番上に出てくる「Instagram」https://www.instagram.comをクリック
③「Facebookでログイン」をクリック
④上の「検索」というところに「金剛禅総本山少林寺」または「kongozen_official」と入力して検索し、三防受をしているアイコンをクリック
⑤「フォローする」をクリック

 

D パソコンから希望で、Facebookのアカウントを持っていない人
①インターネットを開き、「インスタグラム」と検索
②一番上に出てくる「Instagram」https://www.instagram.comをクリック
③「登録する」をクリック
④電話番号かメールアドレス、フルネーム(氏名)、ユーザーネーム(半角英数字のニックネーム。他の人が既に使っていたら×が出る)、パスワードを入力し、「登録する」をクリック
※ユーザーネームやパスワードは、必ずメモを取っておいてください。
⑤上の「検索」というところに「金剛禅総本山少林寺」または「kongozen_official」と入力して検索し、三防受をしているアイコンをクリックする
⑥「フォローする」をクリックする

私の少林寺拳法人生これから!

私の少林寺拳法人生これから!

 小学5年生の頃、父に連れられて道院に行きました。一目見て面白そう!と入門を決意、あっという間に少林寺拳法の魅力に取り憑かれ週四回道院に通っていました。惹きつけられた魅力は“教え”です。「半ばは自己の幸せを、半ばは他人の幸せを」、「力なき正義は無力なり、正義なき力は暴力なり」これらは、当時「なんとなく悪いことがかっこいい」と思っており、担任の先生に「手が付けられない」と太鼓判を押されるほどひねくれていた私に、「正しいことは正しいと堂々と行えるカッコよさ」のようなものを感じさせ、技法と相まってすんなりと入ってきました。
 以来、中・高・大とのめりこみ、大学卒業後には専門学校禅林学園専門部に入学しました。禅林学園でより深く技法・教義を学び、子供の頃に感じていた少林寺拳法の教えの魅力を正しく再認識することができました。中でもダーマの「時間と空間を超越して、存在する大引力」という言葉が印象的でした。もしもあの時、父が道院に連れて行ってくれなかったら。もし道院長に出会ってなかったら。もし始めるのが3年遅かったら。もし途中でやめていたら・・・。様々な偶然の中、おそらく何か1つでも違っていたら私は今ここには居ないでしょう。そう考えると25年間少林寺拳法を続けさせてくれた出会い(ダーマの働き)に感謝せずにはいられません。
 さて、その後結婚を機に山梨県に移住し、2018年12月、山梨県一宮町で山梨桃の里道院を設立、昨年12月1日に認証、そして今年1月11日に認証式に出席することができました。奇しくも同日、入門した道院の恩師もまた45周年の表彰を受けられていました。また翌日、1月12日に師家承継式が執り行われました。
 自身の道院認証、恩師の45周年表彰、師家の承継、ここにもまた不思議な法縁を感じずにはいられません。これもダーマのお導き、すべての出会いに感謝し、恩師が開祖や第二世師家を支えられてこられたように、今度は微力ながら私が第三世師家を支え、少林寺拳法を次の世代へ伝えていこうと決意を新たにしました。

山梨桃の里道院道院長 川植 悟

新しい時代と、不変の真理

新しい時代と、不変の真理

 私が少林寺拳法に出会ったのは、小学5年生の頃でした。当時非常に仲の良い友達がおり、ある時ケンカになり負け、その相手が少林寺拳法をやっていたので「俺、“少林寺”やるから、おまえも一緒にやろう!」と言うのです。彼は非常に気が強く、気弱な私は半ば強引に誘われるままに、道場見学に行きました。
 一応見学して断るつもりでしたが、師匠と出会い、はじめにかけていただいた言葉に、妙に惹きつけられた事を今でも覚えております。それは「嶋澤君、はじめから強い人間は少林寺拳法をやる必要ない!弱いから少林寺拳法を修練するんや!」という言葉でした。
 それでも半信半疑の私でしたが、とりあえず入門し、出来るとは思えない少林寺拳法を修行してみることにしました。その後、誘ってくれた友達は入門から1年目で辞め、同時に彼とは疎遠となりましたが、私は入門からまもなく30年目を迎えます。その間、先生がご逝去され、道院長を引き継がせていただくことになりました。
 予想していた人生とは違いますが、私はそうなる可能性を秘めていたようです。
 そして何より、目に見えない働き“ダーマ”によって導かれ、多くのご縁によって育てていただき、それが実現したのです。
 平成から「令和」へと変わり、少林寺拳法もまた新師家の、新時代へと進んでいきます。体制は変われども、変わらず人との縁を大切に、まだ見ぬ自分(可能性)を見いだそうとする、同志の力になりたいと考えております。
 そして今伝えたいことは、強引に誘ってくれた当時親友だった彼に対する「ありがとう!」の気持ちです。

  

播磨新宮道院/嶋澤 義文

好きが高じて一歩踏み出しています

好きが高じて一歩踏み出しています

 私は大学から少林寺拳法を始め、現在4年生で少拳士弐段です。3年の4月からは武専にも在籍しています。この程、次世代ネットワーク交流会の案内が私にも届いたので、思い切って(一歩踏み出して)受講しました。
 易筋行の講義では“法を抽出する”をテーマに「日々の修練の中で蓄積されていく経験や気づきから法(普遍の事、ことわり)が見いだされる」と説明を受け、修練にのぞむ姿勢や考え方を学びました。帰納法の考え方と同じであるという説明を聞いてとても納得しました。また、普段は行わないような内受突の練習を他県の方と一緒にすることができ、とても新鮮でした。
 法座では「働き方と自己確立」というテーマで意見交換を行いました。班の皆さんから仕事と少林寺拳法についてのとても貴重なお話をしていただき、来年から社会人になる私にとってとても有意義な時間となりました。
 懇親会では受講者の皆さんと楽しみながら深い話をすることができました。“少林寺拳法が好き“という1つの共通点のみですが、初対面の幅広い年代の方々とこんなにも共感できたり、語り合えたりできるのは本当にすごいことだと感じました。自分の世界観を広げることもできました。
 現在、佐賀県では少林寺拳法の普及や次世代育成などの目標を掲げ、様々な活動を行なっています。今回、参加したくさんの方と関わった中で、たくさん考えさせられました。それを活かして佐賀県の少林寺拳法を盛り上げていきたいと思います。

佐賀大学/椛 琴乃

縁をつなぐ金剛禅式結婚式

縁をつなぐ金剛禅式結婚式

 今年6月愛知師勝道院の拳士同士が、入門して以来お互いに惹かれあい結婚しました。私の勧めで金剛禅式結婚式を挙げましたが、準備から新郎新婦、幹部も一緒に愛知師勝道院あげて挙行した結婚式で、一体感がある素晴らしい結婚式となりました。
 新郎も「道院初の試みで、道院長とともに手探りでの準備でしたが、幹部の方々の協力もあり準備の時間から楽しく行えました。式典の後も道院の仲間による音楽の演奏もあり、場を盛り上げていただき、笑いもあり、道院の和気藹々とした雰囲気がとても良かったです。これから式を挙げる方がいれば、是非金剛禅式結婚式をおすすめします。チャペルや式場で挙げる結婚式とは違った雰囲気が味わえます。なにより愛知師勝道院で愛知師勝道院らしい式があげられたことが幸せでした。」と言ってくれました。
 本当に金剛禅式結婚式をやって良かったと思います。金剛禅の法要にはこのような素晴らしい力があると身をもって体験することが出来ました。今後も機会があれば金剛禅式結婚式を行い、また普段の布教活動にも努めて参りたいと思います。
 少林寺拳法の縁で結ばれた結婚式、その導師を務めることができて本当に私は幸せです。
 (文:愛知師勝道院道院長/服部 哲也、新郎/新婦:長尾 隆徳/長尾 侑里)

かけがえのない道院を守り伝える

かけがえのない道院を守り伝える

 豊橋道院は、今年で設立53周年を迎えます。また、令和の幕開けと同時に、集合道院制度を活用して、新しい形で運営をスタートしました。現在、私は参与道院長として週4日の修練日のうち土曜日の指導に携わっています。
 参与道院長となったきっかけは、先代道院長である徳嶋繁先生が突然ご逝去されたことです。2017年8月に道院設立50週年式典、10月に達磨祭を実施し「まだまだがんばる」と言っていた矢先、1週間後の愛知大学少林寺拳法部創部55周年式典を挙行している最中に卒倒され、そのままお亡くなりになったのです。まるで先生の美しい技を見ているかのような一瞬の出来事で、これまでのお礼やお別れのご挨拶などをさせていただく時間はありませんでした。大学の部活動で少林寺拳法に出会ってから、ずっと追いかけてきた存在をこのような形で失ったことは、今でも言葉になりません。それと同時に道院長不在という苦しい現実を突き付けられました。予期せぬ訃報から皆が大きなショックと悲しみを抱えながらも、道院を維持しておりましたが、去る人もいて存続が危ぶまれました。私は先生に教わったことを途絶えさせず後進へつなぐことと、私たち拳士や地域の人にとってもかけがえのない道院を守り伝えることが、何よりの供養であり報恩となるとの考えに至り、豊橋道院を無くしたくないと強く思いました。そして道院の仲間から山本拳士が道院長に石川拳士と私が参与道院長となり、古西副道院長とも力を合わせて道院を運営しています。私一人で道院長として頑張るには自信がありませんが、3人が道院長の立場で互いに協力できるなら、ぜひ関わっていきたいと思いました。
 私たちの大切な豊橋道院は徳嶋先生のご自宅が専有道場ですが、ご家族の方からも末永く使ってほしいとご要望をいただいております。先生の「いつでも誰でも気軽に来て稽古ができる場所にしたい」という思いや志をしっかりと次世代へ伝えなければいけません。
 皆と一丸となって新しい豊橋道院を築いていきたいです。
(豊橋道院 田頭裕子)

僕たちは恵まれている

僕たちは恵まれている

 今年も春季大学連盟本部合宿に参加しました。今年は少林寺拳法記念館(五畳半道場)を見学できると案内があったので、最終日解散の後、同じ大学の仲間と時間が許す限り見学しました。
 “狭い道場”と漠然と予想していたのですが、本当に普通の民家の一室であったことには少し驚きました。六畳間に半畳の祭壇(と言っても押入れの上部)があり、道場と言える部分は本当に五畳半でした。職員の方から「当時は廊下(ほんの2~3メートル)で待っていて、開祖の「次」という言葉で道場に入り、一人ずつ指導を受けていたそうです。その後は他の門下生と外で修練を積んでいて、時には一緒に食事し夜遅くまで語り合っていたそうです。」と説明を受け、創生期の少林寺拳法の苦労と工夫、そして開祖と大先輩達の熱い思いを想像することができました。また“僕たちは恵まれている”とも感じました。道院で少林寺拳法をしていたときも、現在大学で少林寺拳法しているときも、広い道場で修練ができることが当然のように思っていましたが、実は凄くありがたいことだと感じました。
 私は小学校1年生のとき道院に入門し、その後も高校、大学と少林寺拳法を続けていますが、大学を卒業すると就職し、新社会人として今までのように修練を続けることが困難になることもあるかもしれません。しかし、可能な限り修行に取り組み、人づくりの道に携わっていきたいと思いました。
 (追手門学院大学 大城 浩司)

新しい命の誕生をファミリーで祝う

新しい命の誕生をファミリーで祝う

 2018年6月13日、大阪伊吹道院の片山貢拳士(少導師、准拳士、初段)に新しい家族が誕生しました。長男(小3)7級、長女(小1)7級、次男(3歳)も見学中で、まさに一家揃って少林寺拳法ファミリーです。この度、そのファミリーに三男が加わったのです。奥さまより「近くの神社へお宮参りにいく代わりに、伊吹道院で出来ないかしら?」とお話があり、「これは素敵な話だ」と思い、すぐさま伊瀬道院長に相談し、「よし、やろう!」と快諾をいただきました。
 お宮参りにちなんで“道院参り”と名付けた儀式を8月4日(土)、導師を伊瀬道院長、脇侍を松井副道院長が務め、片山家一同と拳士会会長、道院の拳士が参列して執り行いました。お婆様の腕の中には赤ちゃんの安らかな寝顔があり、道院の仲間からのご祝儀が祝い着に結びつけてあります。(関西地方のお宮参りにおける風習)儀式の奉納演武は片山貢拳士の長男長女により行われ、兄姉の弟のための真剣な気持ちが微笑ましく伝わってきました。また伊瀬道院長の法話を聞きながら新しい命の誕生を厳粛に受け止めつつ、新しい仲間の誕生を喜ぶことができました。厳かな中にも温かさを感じる幸福な一時でした。
 新しく生まれた命のため家族、仲間が道院に集まり、健やかな成長を祈念するということは今までにはなかったと思われます。しかし命の尊さ、喜びを感じる素晴らしい取り組みで「やってよかった」と皆が感じました。
 これからも伊瀬道院長を中心に、道院の仲間を大切に、家族を大切に、まさに伊吹ファミリーとして精進して参ります。
(大阪伊吹道院 道場長 高田大輔)

道院で新春法会・修練始め

道院で新春法会・修練始め

 冷たい道衣を羽織り、帯を締める。不思議と身心ともに引き締まり、寒さを感じない。寒さより今年一年の修練が始まる「喜び」が勝る。心新たに2018年のスタートである。
 早朝より社会人や学生拳士が中心となって会場準備を行いました。法要は保護者や関係者が見守る中、鎮魂行を行い、演武奉納、年間出席優秀者への記念品贈呈、そして合格証書の授与や新しい色の帯の贈呈を行いました。一年の節目に関係者全員が集まり、昨年の功績を認め合い、新たな年の決意を行います。もちろん何気ない日々の暮らしに感謝し、修練を通じて自己を磨き、他人を大切にすることも振り返ります。そんな空間をみんなで一緒に作れたことが何よりも喜びです。
 その後は“修練始め”。朝から元気な子どもたち、学生や社会人も「ヤァー」「ヤァー」と久しぶりの基本修練に、一段と大きな気合が道院の周囲に響き渡ります。仲間たちとの修練は心地良いもので、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 また、餅つき大会も行いました。もち米の蒸し加減はベテランが確認し、ぺったんぺったんと子供から大人まで全員でつきました。もちろんつきたては最高に美味しく、8個も食べた子供もいて大盛況でした。また道院の近隣の方にも餅を振る舞い、喜んでもらうことが出来ました。
 新しい年を、健康で迎えられたことに感謝し、一日一日を大切にし、この一年を実りあるものにしていきたいと思います。
(2018年1月6日開催より)
 
刈谷南道院 米田 正寛