金剛禅総本山少林寺

ホーム > TOPページイラスト > かけがえのない道院を守り伝える

TOPページイラスト

かけがえのない道院を守り伝える

かけがえのない道院を守り伝える

 豊橋道院は、今年で設立53周年を迎えます。また、令和の幕開けと同時に、集合道院制度を活用して、新しい形で運営をスタートしました。現在、私は参与道院長として週4日の修練日のうち土曜日の指導に携わっています。
 参与道院長となったきっかけは、先代道院長である徳嶋繁先生が突然ご逝去されたことです。2017年8月に道院設立50週年式典、10月に達磨祭を実施し「まだまだがんばる」と言っていた矢先、1週間後の愛知大学少林寺拳法部創部55周年式典を挙行している最中に卒倒され、そのままお亡くなりになったのです。まるで先生の美しい技を見ているかのような一瞬の出来事で、これまでのお礼やお別れのご挨拶などをさせていただく時間はありませんでした。大学の部活動で少林寺拳法に出会ってから、ずっと追いかけてきた存在をこのような形で失ったことは、今でも言葉になりません。それと同時に道院長不在という苦しい現実を突き付けられました。予期せぬ訃報から皆が大きなショックと悲しみを抱えながらも、道院を維持しておりましたが、去る人もいて存続が危ぶまれました。私は先生に教わったことを途絶えさせず後進へつなぐことと、私たち拳士や地域の人にとってもかけがえのない道院を守り伝えることが、何よりの供養であり報恩となるとの考えに至り、豊橋道院を無くしたくないと強く思いました。そして道院の仲間から山本拳士が道院長に石川拳士と私が参与道院長となり、古西副道院長とも力を合わせて道院を運営しています。私一人で道院長として頑張るには自信がありませんが、3人が道院長の立場で互いに協力できるなら、ぜひ関わっていきたいと思いました。
 私たちの大切な豊橋道院は徳嶋先生のご自宅が専有道場ですが、ご家族の方からも末永く使ってほしいとご要望をいただいております。先生の「いつでも誰でも気軽に来て稽古ができる場所にしたい」という思いや志をしっかりと次世代へ伝えなければいけません。
 皆と一丸となって新しい豊橋道院を築いていきたいです。
(豊橋道院 田頭裕子)