金剛禅総本山少林寺

ホーム > TOPページイラスト > 好きが高じて一歩踏み出しています

TOPページイラスト

好きが高じて一歩踏み出しています

好きが高じて一歩踏み出しています

 私は大学から少林寺拳法を始め、現在4年生で少拳士弐段です。3年の4月からは武専にも在籍しています。この程、次世代ネットワーク交流会の案内が私にも届いたので、思い切って(一歩踏み出して)受講しました。
 易筋行の講義では“法を抽出する”をテーマに「日々の修練の中で蓄積されていく経験や気づきから法(普遍の事、ことわり)が見いだされる」と説明を受け、修練にのぞむ姿勢や考え方を学びました。帰納法の考え方と同じであるという説明を聞いてとても納得しました。また、普段は行わないような内受突の練習を他県の方と一緒にすることができ、とても新鮮でした。
 法座では「働き方と自己確立」というテーマで意見交換を行いました。班の皆さんから仕事と少林寺拳法についてのとても貴重なお話をしていただき、来年から社会人になる私にとってとても有意義な時間となりました。
 懇親会では受講者の皆さんと楽しみながら深い話をすることができました。“少林寺拳法が好き“という1つの共通点のみですが、初対面の幅広い年代の方々とこんなにも共感できたり、語り合えたりできるのは本当にすごいことだと感じました。自分の世界観を広げることもできました。
 現在、佐賀県では少林寺拳法の普及や次世代育成などの目標を掲げ、様々な活動を行なっています。今回、参加したくさんの方と関わった中で、たくさん考えさせられました。それを活かして佐賀県の少林寺拳法を盛り上げていきたいと思います。

佐賀大学/椛 琴乃