金剛禅総本山少林寺

ホーム > TOPページイラスト > 少林寺拳法と歩む第二の人生

TOPページイラスト

少林寺拳法と歩む第二の人生

少林寺拳法と歩む第二の人生

 愛知吉良道院と岡崎中部道院の入門式が執り行われました。岡崎中部道院は私が入門した道院で、愛知吉良道院は現在所属している道院です。私も法衣と輪袈裟を着用して式に参列しました。普段の練習とは道場の雰囲気も違い、少年部の子供たちの緊張感が伝わってきます式次第に則り厳粛に進み、「小練すれば小成し、大練すれば大成する」と何事も一生懸命するようにと法話がありました。導師の言葉一つ一つにうなずいて聞き入る高学年の子供がとても印象的で、入門時の真っすぐな気持ちが見えてきました。
 振り返ってみると、私の入門式は今から45年前、道院長と赤い飲み物で師弟盟杯を交わした記憶が蘇ります。あれから一時は休眠となりましたが、息子の入門をキッカケに復帰し、50過ぎて仕事も落ち着いてきた頃『1年くらい学生になるのもいいか』と思い、軽い気持ちで武専に入学しました。入学のとき卒業までに11年かかると聞いてビックリしましたが、逆に定年後も学校で勉強できる環境にうれしく思いました。
 武専の入学がきっかけで、61歳の夏、妻を四国旅行に誘い、本山の見学に行き、「できたらここで1年、勉強したい」と言ってみたら、こころよくOKが出ました。この歳になると『亭主元気で留守がいい』と言うことだと思います。
 本山での1年間はとても素晴らしい体験と多くの方との縁を頂きました。始めた頃はこの歳になるまで修行している今の姿は全く想像できませんでしたが、家族や周りの人たちのお陰でここまで少林寺拳法を続けることができました。
 これからの人生も、護身練鍛、精神修養、健康増進に励んでいきたいと思っています。職場も現役時代とは全く違った職場ですが少林寺拳法同様に良い縁に恵まれとても楽しく仕事をしています。
 少林寺拳法は私の第二の人生を充実したものにしてくれました、あとはいつか孫が一緒に練習に参加してくれるのを願うばかりです。
 (愛知吉良道院 神道 良一)