金剛禅総本山少林寺

ホーム > TOPページイラスト > 父子をつなぐ最高のツール

TOPページイラスト

父子をつなぐ最高のツール

父子をつなぐ最高のツール

金剛禅総本山少林寺では隔月で広報誌「あ・うん」を発行しております。その中の投稿記事「一期一笑」をご紹介させていただきます。金剛禅を修行する門信徒や関係者の心温まるエピソードをご覧ください。

 

 「オレ、少林寺拳法をしていて良かった。以前はクラスでも周りにビクビクして、学校が面白くなかった。けど今は、自信ができて、友達もできて、学校が楽しくなった。ありがとう。」ある日、高校一年生の息子がこんなことを口にしました。「良かった」と感慨深いものがありました。
 私たち父子は、2013年に揃って入門し、現在は共に准拳士初段の允可を受けております(私は少導師の辞令もいただきました)。そもそも入門のきっかけは、息子が控えめな性格で、いつもオドオドとしているような子だったので「何か武道でも」と思い検討しておりました。色々見学に行きましたが、格闘技という色が強く、息子ではついていけないのではと危惧していたところ、和気藹々と修練している少林寺拳法に出会い、父子で入門を決意しました。
 4年間一緒に修行した道のりを振り返ると、息子がしっかり成長してきていると感じます。芯ができ、善悪の判断がきちんとでき、自制心がつき、やるべき時にはやりきる強い心も養われています。父親として息子の心の成長は嬉しい限りです。
 周りの親からは「高校生にもなると、会話なんてほとんどないよ」とよく耳にします(私自身もそうでした)。しかし私たち父子は、一緒に少林寺拳法をすることで、自ずとコミュニケーションがとれます。この先数年で自立し、コミュニケーションの時間は減るかもしれません。しかし、“道院という同じ空間で修行し、時間を共有する”という積み重ねが、態度は不器用でも、たとえ離れていても、心でお互いを尊重しあえる関係を続けさせてくれると確信しています。
“拳で語る 心で語る 言葉で語る”
 少林寺拳法は我が家の父子をつなぐ最高のツールです。
 (愛媛宇和道院 和田 進也)