金剛禅総本山少林寺

TOPページイラスト

コロナに負けない!

コロナに負けない!

 11月15日(日)「2020年度静岡県教区第4回金剛禅易筋行大会」を開催しました。開催にあたってはコロナ禍にあり慎重な意見もありましたが、「Withコロナは当面続く、逃げずにできるかぎりの事はやろう」という道院長・支部長の強い想いを寄せて開催する運びとなりました。もちろんのことですが、感染防止対策は徹底しました。
 参加者は13道院2支部から82名、幼稚園~75歳のまさに老弱男女が集い、終始厳粛な中にもほのぼのとした雰囲気の中で無事(怪我や感染者もなく)行う事ができました。その背景に道院長・部長の活躍と役割以上の努力、関係者の協力があってこその成功でした。
 特筆すべき事は「法座」において、拳士たちの率直な意見交換が活発に行われた事です。その様子に道院長になって忘れていた大切なことを思い出させてくれました。
 また、参加者は他の道院・支部の活動を知る事により大いに刺激を受けているのも印象的でした。ヨコの繋がりを築くきっかけにもなりました。やはり仲間で集うことはとても大切なことです。
 開催を通して、“コロナ禍の不安”より“少林寺拳法が大好き”という熱い想いが成功の素であったと確信します。

プログラム
「易筋行1」道院紹介と演武・寸劇等の発表
「易筋行2」コロナ禍に於いての修練方法の提案
「法座」題:道院自慢・楽しい道院ってどんな道院

静岡県教区 事務局 藤森正和