金剛禅総本山少林寺

TOPページイラスト

災害ボランティアを通して学んでほしい

災害ボランティアを通して学んでほしい

 1995年の阪神淡路大震災をきっかけに、地元消防団の班長であった尾崎副道院長を隊長に「誰もやらなくてもやる」をモットーに紀州梅の郷救助隊を設立しました。和歌山県は災害が多い地域で、大規模な災害が発生する可能性も高いため、県民の協力で迅速に応急対策ができるよう災害ボランティア登録制度があります。金剛禅総本山少林寺南部道院の同志を中心に結成し、救援ボランティアチームに登録されています。現在では近隣のみならず、全国に150名以上の仲間がいます。
 設立以来、東日本大震災をはじめ、地震や豪雨、台風災害で被害をうけた地域に出動し、人命救助、瓦礫の撤去や炊き出しを行っております。これまで、17都道府県29市町村に56回出動し、延べ400人以上が災害支援活動を行ってきました。
 現在はコロナ禍の影響で、ワクチン接種を終えてない隊員が活動出来ないため、活動は控えております。しかし近年台風や大雨による災害は頻度を増しております。子どもたちにも防災意識をもってもらうためにジュニア救助隊を立ち上げました。これは子どもたちがボランティア活動をするのではなく、有事の際は「自分の身は自分で守る」ための行動がとれることを目的に募集をはじめました。
 自分の身を守るための行動を学び、大人たちの活動を肌で感じ、自分以外の人を守れるよう成長した暁には、立派な紀州梅の郷救助隊の隊員として、被災した方たちに貢献してもらいたいと願っております。
 「半ばは自己の幸せを、半ばは人の幸せを」
南部道院 道院長 三前雅信