ホーム > 新着情報 > お知らせ > 2018 ウクライナ連盟SHORINJI KEMPO UNITY講習会

新着情報

 2018年7月、ウクライナ、オデッサにおいて、ウクライナ連盟SHORINJI KEMPO UNITY講習会が開催されました。川島一浩指導員(WSKO事務総長)、坂下充指導員(金剛禅総本山少林寺宗務局長)の指導のもと、日本、ウクライナ、キルギスタン、ロシア、ポーランド、スウェーデン、フィンランド、ドイツ、イタリア、イギリスの10か国から指導員と参加者が一堂に会し、7月6日から8日の3日間、ともに練習を行いました。

講習会前日には四段特別昇格考試および支部開設希望者のために支部長資格認定研修が実施されました。

3日間の講習会中、諸国から集まった拳士たちは互いに親交を深め、ともに練習に励み、各国の架け橋となりました。

講習会は建設的な雰囲気の中行われ、参加者たちは少林寺拳法の指導員として尊敬を集める川島先生、坂下先生より、思想や技術について様々な質問に対する回答を得ることができました。

UNITY講習会中、2回の法階講義がおこなわれました。法階講義は金剛禅の教義を学ぶもので、金剛禅総本山少林寺の道院に所属しないWSKOの拳士のために行われる講義です。講師の坂下指導員(金剛禅総本山少林寺 宗務局長)より、金剛禅やダーマについて説明が行われました。

講習会最終日には厳かな閉会式が開催され、講習証書が参加者に手渡され、また四段特別昇格考試合格者には允可状が手渡されました。

各参加者は互いに励まし合い、それぞれが今後の自己研鑽と、自国の少林寺拳法の発展に貢献することを誓い合いました。

ウクライナ連盟

会長オレグ・クロテンコ