ホーム > 2018年 > 4月

2018年4月 各連盟・支部レポート

2018年04月19日

第5回少林寺拳法ロシア合宿

2018年4月6日から8日、ロシアのサンクトペテルブルグで第5回少林寺拳法ロシア合宿が開催されました。

モスクワ支部、スンギル支部(モスクワ)、バルティカ支部(サンクトペテルブルク)、ヴォルガ支部(ニジニ・ノヴゴロド)の全支部から支部長や拳士が参加しました。さらに、スウェーデン、ドイツ、キルギスタンからも参加し、総勢68人となりました。

合宿の指導は、ロシアとスウェーデンの次の支部長が担当しました。ロシアからは、アレクセイ・ロキツキー(五段)・濱川誠(五段)・アレクサンダー・ソフロノフ(四段)・アナトリー・ルクーティン(四段)、スウェーデンからは、アンデシュ・ペテション(六段)、アレックス・ティリー(五段)の各支部長が指導を担当しました。また指導者のアシスタントはアレクサンダー・クラマール(ロシア、三段)、バレリー・カリビアン(ロシア、三段)、アントン・コズロフ(ロシア、三段)が務めました。

初日には、運用法の練習が行われ、参加者は距離、スピード、反撃、攻撃、心構えなどを学びました。

2日目には、参加者は4つのグループ(見習~4級、3・2級、1級・初段、二段以上)に分かれ、基本練習を行った後、剛法と柔法の技術を練習した。アレックス・ティリー支部長が、「考える武道」という講義を行いました。

3日目は、基本練習の後、グループに分かれて剛法・柔法の技術を練習し、組演武と運用法も行いました。講義は、アレクセイ・ロキツキー支部長が、「鎮魂行―心を整え、体を整える」という内容で行いました。

今回のサンクトペテルブルクの少林寺拳法ロシア合宿は、サンクトペテルブルクの日本総領事館が開催する第18回「サンクトペテルブルグの日本の春」の祭典に参加しました。この祭典では、日本の文化に関連するさまざまな文化やスポーツイベントが行われます。合宿2日目、この祭典に少林寺拳法のデモンストレーションを行いました。ロシアの拳士や支部長の他、ドイツから参加した拳士も組演武を披露しました。