ホーム > 2018年 > 9月

2018年9月 各連盟・支部レポート

2018年09月24日

<少林寺拳法北米合宿>
2018年6月9日と9日に、ワシントン州シアトル市シアトル大学Astro体育館で少林寺拳法北米合宿が行われ、米国とカナダから106名の拳士が参加しました。参加した支部は、アンアーバー、アシュビル、B.C.東禅寺、バークレー、ボストン、ダウンタウンニューヨーク、東ポートランド、ロサンゼルス、モントレー、マウントディアブロ、ノーザンユタ、オレンジカウンティ、ペニンスラ、ポートランド、クアドシティーズ、セイラム、サンフランシスコ、シアトル、シアトル大学、シリコンバレー、サウスベイ、サウスフロリダ、バンクーバー、バンクーバーパシフィック、ユマ、そして世界銀行です。少林寺拳法世界連合 事務総長 川島一浩先生がメインの指導員でした。その2日間の午前9時から午後5時まで、私たちは基本、法形、運用法、演武の練習を楽しみました。

6月9日の夕方、美しいシアトル港にある中国料理レストランでパーティを開きました。美味しい食事と飲み物、そして楽しい会話を楽しみました。

<第6回北米少林寺拳法大会>
2018年6月10日(日曜日)に152名の拳士が参加し、第6回少林寺拳法北米大会が開催されました。大会は競技の部と演技の部の2つに別れています。大会は午前9時に始まり、100名以上の観客が素早い動きと大きな気合いを伴う技術を見、感銘を受けました。各演武や運用法が終わると、観客から大きな拍手が拳士に送られました。

閉会式の後、全ての拳士が互いに褒め称え、来年行われる次回の講習会や大会での再会を約束しました。

米国少林寺拳法連盟は、貴重な時間を取り少林寺拳法への情熱を持って参加してくれた全ての参加者に心から感謝しています。

  

   

                                             

                                                  

2018年6月 米国 カリフォルニア州シアトル
投稿者:少林寺拳法米国連盟 事務局長 有田和樹

 

 

2018年09月24日

2018年4月28日、29日、第13回イタリア合宿「イタリア2018」がPalazzetto dello Sport 「PalaFerraris」Casale Monferratoにおいて行われました。
この合宿にはヨーロッパ各国(イギリス、フランス、ドイツ、スウェーデン)から約250名の先生方、拳士、そして友人の方々が参加しました。
イタリアの全支部長はもちろん、特に国内の行事にはいつもお招きしている青坂寛先生(九段、正範士)をフランスよりお迎えしました。

SHORINJI KEMPO UNITY の公式講習会であるこの行事では、練習だけでなく重要な学科もWSKOヨーロッパオフィス代表の青坂先生より教えていただきました。
技術的な練習では、青坂先生をはじめ、迎田展孝先生(七段、正範士、奈良県会長、WSKO指導員)、奥田眞弓先生(五段、大拳士、奈良県副会長)が教えてくださいました。

4月28日の午後、鎮魂行で練習を始め、支部長の方々から基本、法形を教えていただきました。
その後、午前中の練習では資格別に分かれ、様々な技術を深く説明してくださった青坂先生と迎田先生が代わる代わる技術を教えてくださいました。
翌日は、法話の時間も加えながら土曜日と同じ様に練習を始めました。29日(日)の午後には最後の挨拶や贈り物の贈呈をし、練習を終了しました。

大会は4月28日の午前中に開かれました。今年は特に乱捕りと運用法を学びました。パリで行われた組演武競技に参加した100名ほどのイタリアの拳士が組演武、単演、乱捕を行いました。
この合宿を成功させるためにご協力いただいた皆様に感謝いたします。イタリア全土から来られた先生方や拳士に感謝いたします。2019年7月にスウェーデンで行われるヨーロッパ大会で再会できることを願っています。

参加者やその家族を人間的、精神的に支えるため、業者の方やボランティアの方を注意深く選び、訓練し調整して、参加者を無料で送迎してくださった カザーレ モンフェラートの「Associazione Pulmino Amico Onlus」を一致してサポートできたことを嬉しく思います。

ありがとうございました。