ホーム > 新着情報 > WSKOレポート > 2019年少林寺拳法UNITY講習会 in モントレー

新着情報

2019年07月10日

2019年少林寺拳法UNITY講習会 in モントレー

合 掌

2019年6月29,30日に、アメリカ・カリフォルニア州・モントレー市のモントレー短大体育館にて、「2019年少林寺拳法UNITY講習会 in モントレー」が開催されました。

参加者は、アメリカ・カナダ・日本からの22支部、合計102人の参加でした。Shorinji Kempo Unityより、坂下充先生(正範士7段)が派遣されました。坂下先生は、金剛禅総本山少林寺の宗務局長でもいらっしゃいます。

講習会1日目は、鎮魂の後、開会式を行い、その後、坂下先生による準備運動・基本演練、さらに3つの資格別グループに分かれ、坂下先生と3人のWSKO指導員による技術を行いました。参加者たちは、違う支部から来た色々な拳士達との修練を楽しんでいました。また、坂下先生によるWSKO講義、法階講義があり、「金剛禅の教義」「ダーマの分霊としての我」についてお話いただきました。

その日の夕方は、モントレーで一番と言われるレストランの内の1つで、ウェルカム・パーティが行われました。参加者の皆さんは、とても楽しい時間を過ごしました。

講習会2日目は、鎮魂の後、坂下先生による準備運動・基本演練、さらに3つの資格別グループに分かれての技術を行いました。また、坂下先生による法階講座の内容に関する質問コーナーを行いました。法階講座では、「ダーマ信仰を寄り処とする生き方」について説明があり、「ダーマの徳性を現出させるための行として、少林寺拳法を修錬する」ことについての講義がありました。私たち参加者は、私達が「修錬してきたことを実生活に活用することが如何に大切であるか」ということについて理解することができました。金剛禅とダーマに関しての深い知識を基にした、坂下先生のご講義はとても為になり、参加者に感銘を与えました。

閉会式の後、多くの参加者たちはお互いに写真を撮り合い、次の講習会での再会を誓い合いました。

私達、モントレー支部の拳士・ボランティ一同は、多くの参加者が笑顔でこの講習会を楽しんでいただけたことに、心から嬉しく思っております。この講習会に参加・協力いただいた、坂下充先生、全ての支部長、拳士の皆様に心から感謝を申し上げます。有り難うございました。

結手。

投稿者: 有田和樹 (アメリカ少林寺拳法連盟事務局長)