ホーム > 新着情報

新着情報

第8回ヨーロッパ大会、2019年度ヨーロッパ地区UNITY講習会 スウェーデン、ストックホルム

2019年7月5日から9日までの4日間にわたり、特別昇格考試、演武会、講習会、パーティ、懇親会を開催し、22カ国から約450名の参加者が参加する素晴らしい行事となりました。関係者や参加者の誰もが、自らの勝敗や個人の利益などに関わらず、一つの共通の目標に向かって協力一致して進めたことは、開祖宗道臣の教えが具現化したものであり、誇りに思います。

我々を信頼してこの行事の開催をお任せ下さった青坂先生、名誉会長を務めてくださった宗由貴師家に対し、スウェーデン少林寺拳法連盟より深い感謝の意を表します。また、素晴らしい講習会にしてくださった川島先生、荒井先生、松本先生、ヨーロッパの先生方にも、厚くお礼申し上げます。

大会の本選とデモンストレーションは生中継で放映され、少林寺拳法を宣伝する絶好の機会となりました。スウェーデンは金メダル2つ、銅メダル1つの良い結果が出せました。男女の組は男子の部に出場し、演武会全体の全ての入賞者の半数が女性でした。武道の世界では非常に特別なことだと思いますが、宗由貴WSKO会長が女性であることも併せて、少林寺拳法は他の武道とは異なります。

大会には、特別来賓にご臨席賜りました。
 在スウェーデン日本国大使館 特命全権大使 廣木重之様
スウェーデン王室 Fredrik Wersäll様
 在スウェーデン日本大使館 広報文化班 一等書記官 矢冨利夫様
スウェーデン武道連盟会 Gundmark様
 国際合気道連盟副理事長 Leif Sunje様
スウェーデン・テコンドー連盟事務総長 Ala-Häivälä様

行事全体の中でも一番重要な部分は、実際の練習だったと思います。少林寺拳法の思想の具体的な部分は練習を通して洗練されていくからです。よりよい社会づくりに貢献することを目指しながら、人との調和の中で自らを発展させるという、私たち拳士の美しい思想は、 豊かながらも個人主義によって過去とのつながりを絶ってしまった西洋の国々にあって、大変価値のあるものであると確信しています。

みなさん、どうぞまたお越しください!
スウェーデン連盟副会長アレックス・ティリー

 

2019年07月10日

2019年少林寺拳法UNITY講習会 in モントレー

合 掌

2019年6月29,30日に、アメリカ・カリフォルニア州・モントレー市のモントレー短大体育館にて、「2019年少林寺拳法UNITY講習会 in モントレー」が開催されました。

参加者は、アメリカ・カナダ・日本からの22支部、合計102人の参加でした。Shorinji Kempo Unityより、坂下充先生(正範士7段)が派遣されました。坂下先生は、金剛禅総本山少林寺の宗務局長でもいらっしゃいます。

講習会1日目は、鎮魂の後、開会式を行い、その後、坂下先生による準備運動・基本演練、さらに3つの資格別グループに分かれ、坂下先生と3人のWSKO指導員による技術を行いました。参加者たちは、違う支部から来た色々な拳士達との修練を楽しんでいました。また、坂下先生によるWSKO講義、法階講義があり、「金剛禅の教義」「ダーマの分霊としての我」についてお話いただきました。

その日の夕方は、モントレーで一番と言われるレストランの内の1つで、ウェルカム・パーティが行われました。参加者の皆さんは、とても楽しい時間を過ごしました。

講習会2日目は、鎮魂の後、坂下先生による準備運動・基本演練、さらに3つの資格別グループに分かれての技術を行いました。また、坂下先生による法階講座の内容に関する質問コーナーを行いました。法階講座では、「ダーマ信仰を寄り処とする生き方」について説明があり、「ダーマの徳性を現出させるための行として、少林寺拳法を修錬する」ことについての講義がありました。私たち参加者は、私達が「修錬してきたことを実生活に活用することが如何に大切であるか」ということについて理解することができました。金剛禅とダーマに関しての深い知識を基にした、坂下先生のご講義はとても為になり、参加者に感銘を与えました。

閉会式の後、多くの参加者たちはお互いに写真を撮り合い、次の講習会での再会を誓い合いました。

私達、モントレー支部の拳士・ボランティ一同は、多くの参加者が笑顔でこの講習会を楽しんでいただけたことに、心から嬉しく思っております。この講習会に参加・協力いただいた、坂下充先生、全ての支部長、拳士の皆様に心から感謝を申し上げます。有り難うございました。

結手。

投稿者: 有田和樹 (アメリカ少林寺拳法連盟事務局長)

   

2019年4月の最初の週末にサンクトペテルブルクでの国際合宿が開催されました。バルティカ支部がアレクサンダー・ソフロノフ支部長(四段)の指揮のもと毎年開催する行事で、今年で6回目となりました。4月5日から7日の3日間にわたって、ロシア北部の首都サンクトペテルブルクで開催されたこの行事には、ロシア全土からの拳士のほか、フランスのディディエ・カム先生(六段)、スウェーデンのアレックス・ティリー先生(五段)、ドイツのクルト・カンメル先生(六段)とマンフレッド・ビルリンク先生(五段)、フィンランドのセッポ・ルースキビ先生(五段)、ティモ・マキクーティ先生(五段)をお招きしました。合宿は4月5日金曜日に始まり、4月7日日曜日の午後に終了しました。

 

 

 

 

 

第6回国際合宿に併せて、第1回ロシア演武会も開催しました。 4月6日の朝、ロシアの拳士が級拳士、有段者それぞれの部門に出場しました。審判はロシアの支部の支部長や指導員、アレクセイ・ロキツキ(五段)、濱川誠(五段)、アナトリー・ルクティン(四段)、アレクサンダー・クラマル(三段)、アントン・コズロフ(三段)が務めました。

ロシア演武会の最優秀賞は、有段者の部はナターリア・ソトニコバとイゴル・ティトフ(バルティカ支部)の組、級拳士の部はアレクサンダー・セムチェンコとユーゲニー・ククリャンツキー(モスクワ支部)でした。

合宿とロシア演武会は、ロシアと日本の二国間関係を祝う「ロシアにおける日本年」のプログラムである、在ロシア日本国大使館主催の第19回「サンクトペテルブルクの日本の春」のイベントの一部となりました。ロシア演武会の授賞式では、在サンクトペテルブルク日本総領事である飯島泰雅氏にご臨席いただきました。

今回の行事も、ロシアの拳士や指導者たちが、少林寺拳法の知識を深め、開祖の教えの普及に貢献するために、世界中の志を同じくする人々と手を携え、地元での活動、ひいてはロシア全土での少林寺拳法の発展に向けての意識と自信を高めた素晴らしい体験となりました。外国からの指導者や参加者の方々に対し、ロシア拳士と指導者一同、感謝の意を表しますとともに、来年はさらに技術を学び、練習に励むことを期待しています。

 

 

2019年01月07日

WSKO本部合宿の開催につきまして、以下の通りお知らせいたします。皆さまのお越しをお待ちしております。
なお、2018年12月20日、より詳細な情報を支部長宛にご案内しております。
お問い合わせは、支部長を通じてWSKO事務局までご連絡ください。

1.日 程  2020年3月26日(木)、27日(金)、28日(土)
※昇格考試、特別昇格考試は25日(水)、受験者数が少ない場合、講習日程に組み込む場合もあります。
※29日(日)は、任意参加の練習会を行います。(質疑応答)

2.開催場所 日本国香川県仲多度郡多度津町本通3-1 少林寺拳法世界連合 本部

3.内 容  (1)講義  ・宗由貴会長による講義
             ・事務総長講義
             ・少林寺拳法の知的財産に関する講義
             ・法階講座(任意参加) 
       (2)実技  ・全体及び資格別による実技(基本、法形)
       (3)懇親会
       (4)その他 1)支部長資格認定研修 (連盟がない国の会員対象、受講費無料)
             2)昇格考試(三段、連盟がない国の会員対象)
             3)特別昇格考試
※ 上記2)、3)について、受験希望者は支部長を通じてWSKO事務局までお問い合わせください。受験申込締切日は追ってお知らせします。

4.対象者  1級以上かつ16才以上のWSKO会員であること。
         注)2級以下の参加希望者は、WSKO事務局へご相談ください。

5.言 語  原則、日本語と英語とする。日本語、英語での受講が困難な場合は、通訳可能な拳士を同伴すること。

6.講師、指導員  宗由貴WSKO会長、川島一浩事務総長、WSKO指導員

7.受講履歴 (1)法階講座も受講する方:UNITY講習会受講に相当する履歴を登録します。
       (2)法階講座を受講しない方:WSKO講習会受講に相当する履歴を登録します。

8.その他  受講申込方法、申込締切日、昇格考試・特別昇格考試の受験申込締切日は、次回の支部長宛通達時にお知らせします。

2018年12月25日

WSKO事務局は、日本時間で2018年12月28日12:00から2019年1月4日9:00まで休業日となります。この期間中にEメール等のご連絡をいただいても、返信は1月4日以降に順次ご返信となりますことをご理解ください。新しい年が皆様にとって輝かしい年になること、皆さまがご健康に過ごされることを祈念しております。

WSKO事務局

2018年12月19日

2018年 11月8から11日の4日間に渡り、少林寺拳法スペイン連盟(FESK)は、少林寺拳法世界連合及びSHORINJI KEMPO UNITYの協力により、以下の行事を開催しました。
1) 11月8日   特別昇格考試(正拳士四段)
2) 11月9日   考試員・審判員講習
3) 11月9~11日 スペイン連盟SHORINJI KEMPO UNITY 講習会

 

 

本行事には、日本から山﨑博通先生、そしてフランスから青坂寛先生をお招きし、スペイン、ポルトガル、フランス、オランダ、イタリア、英国からの拳士、約200名が受講しました。

全ての日程が盛況のうちに終わることができ、参加者の皆が、満足の意を表明し、貴重な時間を共に過ごすことができ、架け橋となることができました。

また、慶長遣欧使節団の支倉常長の子孫であります、在セビージャ名誉日本大使のホセ・セビージャ・ハポン氏(José Japón Sevilla)にも会場に足を運んでいただきました。

イベントが行われたセビージャ市のメディアにも取り上げられました様子が以下で確認いただけます:

https://sevilla.abc.es/sevilla/sevi-sevilla-celebra-cuarenta-aniversario-llegada-shorinji-kempo-201811100809_noticia.html

 

 

2018年11月27日

訃報

お知らせ

2018年11月24日(現地時間)、アメリカ少林寺拳法連盟ミッドタウンニューヨーク支部の川島一博支部長がご逝去されました。川島支部長は、2014年から同支部の支部長として、少林寺拳法の普及と拳士の育成にご尽力されてきました。心からご冥福をお祈り申し上げます。

少林寺拳法世界連合 事務局

関係情報: http://www.reddenfuneralhome.net/book-of-memories/3664595/Kawashima-Kazuhiro/service-details.php

2018年11月14日

20181012日から14日の3日間、ブラジルのポルトアレグレ市CETEにおいて、ブラジル連盟SHORINJI KEMPO UNITY講習会が開催されました。少林寺拳法をより深く学ぼうと、ブラジル全土からおよそ90名の拳士が集まりました。

 

1010日、ブラジル連盟幹部が平山勝也WSKO指導員(アメリカ連盟)、梅野清嗣WSKO指導員(日本連盟、金剛禅総本山少林寺)を空港でお迎えしました。

 12日の午前中に、四段特別昇格考試が行われました。

12日の午後から3日間の講習会では参加者全員がともに楽しく学びながら汗を流しました。平山指導員からは、練習は楽しんで行うべきであることを学びました。その主張通り、自らも楽しまれ、参加した拳士全員も楽しむことができました。梅野指導員からは、一つ一つの動きがつながるためには正確さと速さが大事であることを学びました。これは私たちの技術を向上させるために常に念頭に置かなければならない教えです。

 法階講座では2回の講義が行われ、梅野指導員より「ダーマを信じ、寄り拠とする生き方」と題した話しがなされました。

 最後の日に実施された、剛法運用法では、それが日本でどのように実施されているか実例を紹介されました。勝敗を決める練習ではあるものの、相手に対する敬意と技術の向上がこの練習の真の理由であることを忘れてはならないと説明されました。

 本講習会により、ブラジル国内のほぼ全ての支部同士の絆が強くなりました。

 多くの支部長や拳士の協力により、今回の行事は成功をおさめ、少林寺拳法が道場の中だけでなく我々の生活に根付いていることを示した講習会となりました。

 結手

 ブラジル連盟

ダニエル オソウスキ

 

 

 

2018年10月25日

連盟会長、監督、支部長 各位

 平素は当連合の活動にご理解賜りましてありがとうございます。
 さて、インドネシアのスラウェシ島で発生した大地震については、各種報道を通じてご承知の方も多いと思います。
地震の発生当初より、インドネシア連盟へ連絡し、被災状況を確認してまいりました。しかし、被災地域の混乱や通信インフラのダメージにより、最近ようやく被害状況を把握できてきた様子です。幸いにして、少林寺拳法関係者への人的被害は無いとの報告を受けています。そして、同連盟では被災地域の支援活動の為、現地へ少林寺拳法関係者を派遣する活動を始めました。
 そこでWSKOでは、同連盟の活動を支援することを主目的とした支援金を送金すると共に、各連盟各支部にも広く支援の協力を呼び掛けることにいたしました。
 つきましては、下記を参照の上、ご協力をお願い申し上げます。

 

1.協力依頼: インドネシア連盟による支援活動への支援金を拠出願います。
        拠出する範囲(連盟単位、支部単位等)は、各国に一任します。
        金額は、無理のない範囲で、実施してください。
2.受取人氏名: PB PERKEMI
3.住所: Pusdiklat Shorinji Kempo
      Jl. C.62 RT 03 RW.06, Jatimakmur
              Pondok Gede, Bekasi 17431, INDONESIA
4.口座番号: 0004467787
5.銀行名: BNI
6.支店名: BNI RATU PLAZA SENAYAN
7.Swiftコード: BNINIDJA
8.銀行住所: Jl. Jend .Sudirman Kav 09
        Grand Floor, Jakarta pusat
                   Jakarta 10720, Indonesia
       今回の協力依頼に際しては、銀行送金のみといたします。
       手数料の都合上、直接、インドネシア連盟の口座へ送信していただきます。
9.送金〆切: 2018年11月末日まで
10.備考: インドネシア連盟から送られてきた現地の様子。

2018年9月28日(金)17:55に地震が発生した時、建物には20人ほどの拳士がおり、2階で練習をしていました。皆走って1階へ降り、助かりました。

以上

 

 

 2018年7月、ウクライナ、オデッサにおいて、ウクライナ連盟SHORINJI KEMPO UNITY講習会が開催されました。川島一浩指導員(WSKO事務総長)、坂下充指導員(金剛禅総本山少林寺宗務局長)の指導のもと、日本、ウクライナ、キルギスタン、ロシア、ポーランド、スウェーデン、フィンランド、ドイツ、イタリア、イギリスの10か国から指導員と参加者が一堂に会し、7月6日から8日の3日間、ともに練習を行いました。

講習会前日には四段特別昇格考試および支部開設希望者のために支部長資格認定研修が実施されました。

3日間の講習会中、諸国から集まった拳士たちは互いに親交を深め、ともに練習に励み、各国の架け橋となりました。

講習会は建設的な雰囲気の中行われ、参加者たちは少林寺拳法の指導員として尊敬を集める川島先生、坂下先生より、思想や技術について様々な質問に対する回答を得ることができました。

UNITY講習会中、2回の法階講義がおこなわれました。法階講義は金剛禅の教義を学ぶもので、金剛禅総本山少林寺の道院に所属しないWSKOの拳士のために行われる講義です。講師の坂下指導員(金剛禅総本山少林寺 宗務局長)より、金剛禅やダーマについて説明が行われました。

講習会最終日には厳かな閉会式が開催され、講習証書が参加者に手渡され、また四段特別昇格考試合格者には允可状が手渡されました。

各参加者は互いに励まし合い、それぞれが今後の自己研鑽と、自国の少林寺拳法の発展に貢献することを誓い合いました。

ウクライナ連盟

会長オレグ・クロテンコ