金剛禅総本山少林寺

ホーム > 新着情報 > イベント > 付箋でシルエットづくり(開祖像)

新着情報

シルエットづくりの第3弾は境内に建つオカジマエンポウ氏の作による開祖像です。
開祖像と大雁塔を望む景色は、本山に帰ってくる門信徒たちのフォトスポットにもなっています。
今回は向かって左側から見た開祖像の写真を使用、眼鏡部分をくりぬいて、雰囲気を表しています。