資格について

昇級昇段制度

白い帯から色のついた帯へ、目指すは黒帯!色は成長度の証し

少林寺拳法を修行する方はどなたでも当法人の試験を受験することによって昇級・昇段できます。
少年部は8級(年齢によって飛び級可能)から、13歳以上は6級からスタート。
少林寺拳法は技や教えが豊富、易しいものから難しいものへと無理なく進んでいけるように構成されたカリキュラムとなっています。
少林寺拳法の階級制度は自分の成長度を示すもので、決して試合に勝つことや他人との比較のためのものではありませんので、技だけできても合格できません。資格に見合った心の成長度を審査します。
審査方法はレポート審査・技術審査・学科審査・口述審査などがあり、資格によって異なります。
また、初段以上の有段者資格は、少林寺拳法の教えと技法の修得度を示す「武階」のほか、金剛禅の修行法に基づく修養度と教えの実践度を表す「法階」があります。
一般財団法人に所属している拳士は特定の講習会を受講するか、学校法人禅林学園の武道専門コースへの入学によって付与されます。

資格ステップアップ

考試員・審判員制度

拳士の成長のお手伝い、それが考試員・審判員です

昇段昇格考試において受験者がその資格に応じた基準に達しているかを評価・審査する考試員、および少林寺拳法の大会において拳技を正しく評価・審査する審判員の資格は四段以上の拳士が当法人の講習会を受講することにより、取得することができます。

講習

健康プログラム指導者資格(MC資格)

楽しく学べ、楽しく教えられます

老若男女、幅広い年齢層で、心身の健康を求める方に、一つの機会を提供しようというのが少林寺拳法健康プログラム。健康プログラムは少林寺拳法のエッセンスを取り入れた運動や呼吸法などを取り入れた健康法です。
道衣は着ません。初段以上の拳士が当法人の講習会を受講することによりこのコース制の指導者の資格が与えられます。

コース制指導者資格