ホーム > 新着情報 > お知らせ

お知らせ

少林寺拳法が、⽇本の対外発信拠点として設⽴されたジャパン・ハウス サンパウロが開催する『DŌ (道)- 徳の極みへ』展で紹介されております。

<イベント概要>
展覧会タイトル:『DŌ (道)- 徳の極みへ』展
開催期⽇   :2024年2⽉28⽇〜2024年4⽉28⽇
開催場所   :ブラジリア美術館(MAB)
主催     :ジャパン・ハウス サンパウロ、在ブラジル⽇本⼤使館
協⼒     :ブラジリア連邦直轄区政府、⽂化・クリエイティブエコノミー事務局

  
写真提供:©Japan House São Paulo

ジャパン・ハウス サンパウロについて
ジャパン・ハウス サンパウロは、⽇本の多様な魅⼒や政策・取組の発信を通じ、親⽇派・知⽇派の裾野を⼀層拡⼤することを⽬的とした対外発信拠点として2017年4⽉に開館。2022年10⽉には累計来館者数270万⼈を突破し、ブラジル・サンパウロ市の中⼼街にあるパウリスタ⼤通りの主要な施設として定着しています。

7月10日(月)、千葉県木更津市にて、木更津木鶏クラブ主催の7月度例会ゲストスピーカーとして、少林寺拳法グループ代表宗昂馬が招かれ、「可能性の種子として」をテーマに講演会が開かれました

木鶏クラブとは、人間学を学ぶ月刊誌『致知』愛読者が全国各地で自主運営する勉強会です。
木更津市内の企業・団体、並びに教育関係者を前に、宗代表は自らの生い立ちエピソードを例に、「環境で人は変わる、であるならば我々が良い環境を築くことで、未来ある若者たちによい影響を与えることができる、それこそが日本をよくする道である」ということを強く熱弁されました。
その後、宗代表は輪読会、並びに読後感の発表にも参加。幕末の大儒学者・佐藤一斎の「言志四録」を話題に、地域の名士の方々と交流を深められました。

また、同木鶏クラブ代表の渡邉元貴氏は、地元の社会福祉法人「かずさ萬燈会」の理事長でもあることから、同法人の運営される介護施設「かがやきの郷」において「少林寺拳法介護技術紹介講座」が開催されました。
施設職員や地域の方々をお招きした紹介講座では、少林寺拳法の成り立ちや目的を説明したほか、少林寺拳法健康プログラムを使った介護予防体操や、簡単な少林寺拳法講座を体験。そして施設のベッド、車いすをお借りしての介護技術を紹介したところ大好評が得られました。
ご家庭で介護をされている高齢の男性からは「無理なく体を操作できる理論が素晴らしい」、ベトナムから当施設に留学される若い女性職員からも「とても簡単に解除することができてビックリ」と喜びの声が聞かれました。

SHORINJI KEMPO UNITYでは、宗昂馬(少林寺拳法グループ代表・少林寺拳法第三世師家)による講演や、少林寺拳法健康プログラム、また少林寺拳法介護技術などの様々な出張講習会をお受けすることができます。各地域自治体や団体様からの依頼をお待ちしていますので、興味がございましたらお問い合わせください。