TOPICS

被災された皆様には心よりお見舞い申し上げますとともに、皆様の安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

現在、次の二つの方法で、義援金を募っています。被災された方々に対し、効果的に支援が行えますよう適切に活用させていただきます。

より多くの方のご協力をお願いいたします。

1.少林寺拳法グループ

活用先・・被災された拳士・所属長並びに一般の方々への支援、そして支援活動の資金。

【銀行振込】  受取口座  百十四銀行 多度津支店

        普通預金  店番 275   口座番号  0972155

口座名   少林寺拳法熊本地震災害義援金 代表 宗 由貴

  ※問合せ先   一般社団法人SHORINJI KEMPO UNITY

           担当:向田・椎野   電話 0877-32-2577 

※郵便振替も開設準備中につき後日、お知らせいたします。

2.熊本県教区・熊本県少林寺拳法連盟

【銀 行】   受取口座    ゆうちょ銀行 七一八店(ナナイチハチ)

          普通預金    店番 718    口座番号  2323325

          口座名     有村利雄(アリムラ トシオ)

【郵便局】   口座記号番号  17140―23233251

          口座名     有村利雄(アリムラ トシオ)

※有村利雄(熊本県教区長、武専コース熊本地区代表責任者)
 

★送金時のご注意(共通)・・・文字数が多くなると送金者がわからなくなる為、送金者名が明記されるように「少林寺拳法」の記載はせずに教区名、連盟名、所属名、個人名にてご送金ください。

 

集まることで生まれる連帯感

少林寺拳法グループ総裁 宗由貴

sosaikouwa

2月27日、沖縄女性拳士交流会が開催された。
「女性のための女性による会」、そう聞くと少林寺拳法をご存知ない多くの方は、全国のかっこよくも勇ましい女性たちが、強さや美しさを競い合うといったイメージをお持ちではないかと思う。
しかし、そこでの光景はまるっきり違った。
そもそも少林寺拳法は「人が集まることが楽しく」、「刺激し合うことが嬉しく」、「技を学び合うことが喜び」の団体なのである。そして競技を目的としないのが特長で、それは創始者・宗道臣が少林寺拳法をはじめたときから変わらない。
特に少林寺拳法の女性拳士はしなやかで明るく前向きな人が多く、とても気持ちがよい。そんな女性の指導者有志が「創始者の志を見つめ直し、少林寺拳法の可能性を探り、女性拳士のつながりを深める……そんな会をやりたい」と夢を語り、全国の女性拳士に呼びかけ、それに賛同した女性拳士が沖縄の地に集った。
 私は少林寺拳法の責任者として多くの大会に招かれさまざまな少林寺拳法の催事を目にしてきたが、今回の交流会ではこれまで見たことのない演目が光っていた。
 まずは「参加者発表」である。寸劇、護身術、講演、体験…発表スタイルはさまざまであるが、一環してこれからの時代にマッチするような、宗門の行としての少林寺拳法の教えと技法の発表であった。少林寺拳法には道院、支部、健康プログラム、さまざまなスタイルの学びの場がある。どの発表もそれぞれの学びの場の範囲を超えて何か新たなものを作り上げる雰囲気があった。また、そこには「義務感」だとか「ルール」はなく、それでいて好みを押し付けるのでもなく、「楽しさ」や「連帯感による幸福」といった先のイメージまで想像できるような構成だったと感じた。

基本演錬、終始わきあいあい

基本演錬、終始わきあいあい

絵本プロジェクト

絵本プロジェクト

続く「基本演錬 参加者全員で心をひとつに!」では少林寺拳法修練方法の実演。参加者のほとんどが初対面だというのに、全員が初めて会ったとは思えないくらいすぐに打ち解け、互いに刺激し会い学び合っていた。
最後の「創作演武発表」。なんと参加者は事前にチーム分けされ、あらかじめ「沖縄エイサー」(本土の盆踊りにあたる沖縄の伝統芸能のひとつ。各地域の青年会がそれぞれの型を持ち、旧盆の夜に地域内を踊りながら練り歩く)の曲パートごとに参加者たちに割り振り、それにあわせ一人ひとりが演武を創作し持ち寄り、それらの演武を繋ぎ合わせ、一つの演武として完成させた。そして最後にみんなが踊る……。
少林寺拳法そのものの楽しさと技のおもしろさを織り交ぜて楽しく人に見せることで、たくさんの人が巻き込まれていく。最後は私も来賓の方々もそんな輪に加わり楽しい時間を過ごすことができた。 カチャーシ
ちなみに女性拳士参加者の同行として男性拳士1名の参加は可能であり、男性も参加していたが、彼らはあくまで主役の女性拳士を見守る立場で会に自然に溶け込み、縁の下の力持ちとして必要に応じて支えていた。

とても嬉しかったことは、参加した全員のイキイキとした姿を目の当たりにしたことである。さらに嬉しかったことは、来賓として招かれた地元の後援者から「あぁ、楽しかった!」「この交流会、もっと少林寺拳法を知らない一般の人が観られる所でやってほしい」という声が聞かれたことである。
この企画の実行隊長・佐竹令子さん(愛知・小坂井道院道院長)は交流会のポリシーをこう話していた。「志のある拳士が集まり、自らの活動や思いを発表する場をつくる。少林寺拳法の今後の可能性を探り、女性拳士の繋がりを深め、同志が協力しあい、連携していけるきっかけを作りたい」とのことであった。
次回は北海道での開催が決まっている。今回の交流会の雰囲気や志のまま、全国、次世代にもっとこの輪が広がってほしいと思っている。

交流会全体

みなさんとてもよい笑顔!

 

 

rensha3

書籍「連続写真で究める少林寺拳法 柔法編Ⅲ」が、2016年3月中旬より順次書店にて発売されます。なお、少林寺拳法連盟事業課でも、ネット販売を開始いたします。迫真の連続写真と共に、従来通り、ポイント解説、アドバイザーからの様々なヒントなどを掲載。さらにポイントとなる部分をアップ写真で解説しています。「連続写真で究める少林寺拳法 柔法編Ⅲ」は、投げ技を主体とした「五花拳」、衣服を掴まれた場合の「羅漢拳」が掲載されています。指導や修練にご活用ください。

監修◎一般社団法人SHORINJI KEMPO UNITY
編◎一般財団法人少林寺拳法連盟
発行◎ベースボール・マガジン社
B5判・200ページ/定価(本体2,500円+税)

問合せ
◇SHORINJI KEMPO UNITY広報セクション
TEL03‐5961-2193
◇一般財団法人少林寺拳法連盟事業課
TEL 0877-33-2020

1月30日、一般公開の国際イベント「2016チャイナ・フェスティバル」(全日本華僑華人連合会などが主催、中国駐日大使館と日本の外務省などが後援)に、中国大使館からの招待を受け、少林寺拳法の拳士が出演した。会場となった東京「六本木ヒルズ」アリーナは、真冬の寒さにもかかわらず日本と中国の観客で賑わい、また多くの少林寺拳法の拳士・関係者も観覧に駆けつけた。舞台は座禅に始まり、女性拳士2名による単独演武、大学生拳士による三人掛、親子の組演武、小学生の団体演武と続き、少林寺拳法を始めて56年になる山﨑博通八段による単独演武、最後は有段者の組演武で締めくくった。約20分間の気迫のこもったパフォーマンスに、会場全体が拍手と熱気に包まれた。会場の招待席中央では、程永華中国大使夫妻と宗由貴少林寺拳法グループ総裁が共に和やかな笑顔でパフォーマンスを観覧する様子が見られ、少林寺拳法創始者・宗道臣が提唱した「世界の平和を実現するためには欠かすことのできない隣国・中国との相互理解と交流の促進」の理念を実践する活動ともなった。

DSC_0006 DSC02685 DSC_0049 DSC_0016 DSC_0027

DSC_0052 DSC_0038 DSC_0061 DSC_0074 DSC_0009

linepr

スマートフォンアプリ「LINE(ライン)」LINE STOREにて、少林寺拳法の公式LINEスタンプを配信開始いたしました!

少林寺拳法創始者宗道臣が多彩な表情でLINEスタンプに登場。

チャーミングな宗道臣のスタンプを使って、楽しくトークを盛り上げましょう。

親しいご友人へのプレゼントにも最適です。

スタンプショップにて「宗道臣」または「少林寺拳法」で検索してください。

https://store.line.me/stickershop/product/1219057/ja

linestamp

日本の伝統競技(楽しい調べ学習シリーズ)
早稲田大学スポーツ科学学術院教授 寒川 恒夫 (監修)

dento     単行本:63ページ
    出版社:PHP研究所
    発売日:2015年11月21日

柔道、剣道、少林寺拳法などの武道、年中行事の中に息づく流鏑馬(やぶさめ)、綱引き、船競漕(ふなきょうそう)、遊びから生まれた凧(たこ)合戦、競技 かるた、スポーツ雪合戦……。日本には、古くから伝わるさまざまな競技があります。本書は、そうした伝統的な競技の歴史や由来、競技ルールなどを写真と図 解で紹介。礼儀を重んじる武道などの歴史と由来もよくわかります。
少林寺拳法も、子供たちに分かりやすい表現で紹介されています。

連続写真で究める柔法編Ⅱ

書籍「連続写真で究める少林寺拳法 柔法編Ⅱ」が、2015年9月中旬より順次書店にて発売されます。なお、少林寺拳法連盟事業課でも、ネット販売を開始いたします。迫真の連続写真と共に、 従来通り、ポイント解説、アドバイザーからの様々なヒントなどを掲載。さらにポイントとなる部分をアップ写真で解説しています。「連続写真で究める少林寺 拳法 柔法編Ⅱ」は、手首捕の逆技を主体とした「龍華拳」を中心に掲載されています。指導や修練にご活用ください。

監修◎一般社団法人SHORINJI KEMPO UNITY

編◎一般財団法人少林寺拳法連盟

発行◎ベースボール・マガジン社

B5判・200ページ/定価(本体2,500円+税)

※今後の発刊予定――柔法編Ⅲ(2016年3月)

お問い合わせ

◇SHORINJI KEMPO UNITY広報セクション

TEL03‐5961-2193

◇一般財団法人少林寺拳法連盟事業課

TEL 0877-33-2020

 ベースボールマガジン社オンライン

7月23日~27日、宗由貴少林寺拳法グループ総裁を団長に会員・門信徒・OB・関係者による訪中団83名が、北京・鄭州・登封・西安を訪問した。少林寺拳法創始者・宗道臣が説いた「日中友好なくしてアジアの平和はあり得ず、アジアの平和なくして世界の平和はあり得ない」という熱い想いは宗由貴総裁の願いとして継承され、少林寺拳法グループは1972年日中国交正常化の翌年から一貫して人材育成を目的とした中国との交流活動を推進している。しかし東日本大震災による影響と、その後の尖閣諸島の領有権をめぐる日中両国政府間の関係の冷え込みから、2012年に一旦延期、事実上中止となっていた。しかし、政府の関係が冷え込む今だからこそ、昨今の両国マスコミの偏向報道に惑わされず、民間交流に力を注ぐことが大切との考えから、今回の訪中企画が積極的に進められ、長年協力関係にある中日友好協会の受入れにより実現した。

日中の若者を中心にSMAPの「世界で一つだけの花」を合唱

SMAPの「世界で一つだけの花」を合唱

宗由貴団長が先導し、阿波踊りを楽しんだ

宗由貴団長が先導し、阿波踊りを楽しんだ

 

 

 

 

 

 

北京では、天安門広場に隣接する「貴賓楼飯店」での中日友好協会との懇親交歓会に出席、日本語を学ぶ北京の大学生と交流した。宗由貴団長が挨拶の中で2011年の東日本大震災発生直後に中国から沢山の応援メッセージが寄せられた事に触れ、福島の参加者が壇上で御礼と被災地の現状報告を行った。また大学生による楽器演奏や書が披露され、日中の若者が日本の歌を合唱、最後に宗由貴団長の先導で会場が一体となり「阿波踊り」を楽しんだ。

除幕式

除幕式

鄭州大学日本語学科学生、先生方と記念に。

鄭州大学日本語学科学生、先生方と記念に。

 

 

 

 

 

 

 

また鄭州大学では少林寺拳法グループの呼びかけで集まった約3万冊の日本語の寄贈図書が所蔵される「宗道臣文庫」の落成記念式と日本語学科の大学生との座 談会に参加した。記念除幕式の後、日本語学科の学生代表が日本語でスピーチし、続く少林寺拳法コース制健康体操のプログラムで会場全体が音楽に合わせ楽し く体を動かした。大学生との座談会はテーマ別の班に分かれ、日中共通の関心事について日本語会話を弾ませた。

嵩山少林寺、白衣殿壁画前にて

嵩山少林寺、白衣殿壁画前にて

大雁塔

大雁塔

 

 

 

 

 

その他、創始者宗道臣ゆかりの地である河南省登封市の嵩山少林寺の「白衣殿の壁画」、西安では香川県の本部にある大雁塔のモデルとなった「大慈恩寺大雁塔」など見学し、団員一同改めて創始者の日中友好への想いを馳せた。