管長法話

2022/10/01

Vol.91 達磨祭と少林寺拳法創始の日

Vol.91 達磨祭と少林寺拳法創始の日

合掌  10月、年度ではいよいよ下半期に入りました。今月は、祖師達磨大師の命日とされる5日頃に、本山、各教区、全国の道院において、達磨祭(法要)が行われます。また25日は少林寺拳法創始の日となっています。  開祖は、世の中に役立つ人を一人でも多く育てようと、少林寺拳法を創始され、組織化していきま…
管長法話

2022/09/01

Vol.90 備えは日々の修練の中に

Vol.90 備えは日々の修練の中に

合掌  9月に入りました。日本は昔から自然災害が多く起きており、この時期には過去、大きな震災や台風、大雨による被害が起きています。近年はこれまであまり被害がなかった地域にも、突如として災害をもたらすなど、他人事ではなくなってきているのではないでしょうか。  開祖は、戦時中の体験から、人が生きるか…
会長メッセージ

2022/08/02

【新会長就任挨拶】

【新会長就任挨拶】

6月19日に一般財団法人少林寺拳法連盟 会長に就任いたしました宗昂馬です。 このたびの役員人事につきましては、急な変更となりましたが、川島前会長の後を受け、一般財団法人少林寺拳法連盟会長を務めることとなりました。 全国の指導者・拳士・保護者、ご支援ご協力いただいております関係者の皆さま方のご支援…
管長法話

2022/08/01

Vol.89 受け継がれた命、次につないでいく命

Vol.89 受け継がれた命、次につないでいく命

合掌  8月に入りました。各家庭においてはお盆の時期にお墓参りをするところも多いかと思います。手を合わせるときには、ご先祖様への近況報告だけでなく、ぜひ自分へと命をつないでくれたことに思いを馳せていただきたいと思います。  私たちの命は、父母から受け継いだものです。そして父母もその両親から命を受…
道院長元気の素

2022/07/01

vol.83 伊予津島道院 参与道院長 松浦和也 

vol.83 伊予津島道院 参与道院長 松浦和也 

・参与道院長になったきっかけ 代表道院長である小野芳洪(おのよしひろ)道院長から「参与道院長になってみないか」と話をいただいたことです。伊予津島道院には、私より優秀な拳士がたくさんいるので、自分が道院長になるとは、これっぽっちも思っていませんでしたし、「自分で良いのだろうか?」と悩んだ時期もありま…
管長法話

2022/07/01

Vol.88 願いを実現する

Vol.88 願いを実現する

合掌  7月に入りました。この時期、未就学児や小学生の門信徒たちが、思い思いに短冊に願いごとを書いているようすを思い浮かべます。  門信徒の皆さんはどんな願いを持っているでしょうか。普段あまり意識していない方もぜひ理想の未来をイメージしてみてください。なぜなら、イメージできないことは実現しにくい…
管長法話

2022/06/01

Vol.87 「人間関係の豊かさ」に幸せを感じる

Vol.87 「人間関係の豊かさ」に幸せを感じる

合掌  6月に入りました。先月、本山では3年ぶりに道院長研修会(参集型)が行われました。香川県も感染者数が減っていかない状況下で、開催そのものが危ぶまれましたが、何とか実施することができ、1次2次合わせて約450名の道院長が帰山しました。そして1次の2日目には開祖忌法要を執り行い、多くの道院長と共…
道院長元気の素

2022/05/01

vol.82 高砂道院 大内信弥道院長 

vol.82 高砂道院 大内信弥道院長 

・指導の方針 「みんな無限の可能性を持った可能性の種子である。目標をもって努力すれば叶うと信じ、行動し続けることが大切である。」ということを日々の修練の中で伝えています。 そのためには、「自分は、やればできる」と実感させてあげることが必要だと考えています。例えば受身は、何日も繰り返し練習すると一…
会長メッセージ

2022/05/01

「楽しさの再始動」 

「楽しさの再始動」 

木々にも新芽が芽吹く清々しい季節となりました。 ここに来て、新型コロナウイルス感染症対策には十分注意しながらも各地区において、各行事が徐々に再開しつつあります。 先日、福岡県少林寺拳法連盟では、次世代合同練習会が3年ぶりに2日間にわたり九州産業大学体育館にて開催され、私も参加して参りました。中学…
管長法話

2022/05/01

Vol.86 社会貢献活動のスタートに

Vol.86 社会貢献活動のスタートに

合掌  5月に入りました。今月は全国各地の道院・教区において、開祖忌法要が営まれます。また、開祖の教えでもある「豊かな社会づくりに貢献する」ため、具体的な社会貢献活動として「宗道臣デー」が行われます。  私たちの修行は、拳技を磨く中で得られた自信と勇気と行動力、そして慈悲心を社会の中で役立ててい…
会長メッセージ

2022/04/01

「今できることにチャレンジする」

「今できることにチャレンジする」

桜を楽しめる季節がやってきました。新型コロナウイルス感染予防のため、今年もかつてのような宴会等は控えなければなりませんが、少しでもホッとした時間を味わいたいと思います。 少林寺拳法は、80年近くにわたりテロや紛争、戦争のない、平和で物心共に豊かな社会実現に貢献できる人づくりを行う組織として活動を行…
管長法話

2022/04/01

Vol.85 初生の赤子として取り組む

Vol.85 初生の赤子として取り組む

合掌  4月になりました。新しい年度が始まり、進学や就職、転勤で環境ががらりと変わる方も多いでしょう。  新しいことを始めたり、環境が変わったりする時には過去の経験が役立つときもあれば邪魔をすることもあります。私たちは日々の修練において、「初生の赤子として、真純単一に」取り組むことを学んでいます…